■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『厭魅の如き憑くもの』三津田 信三  

厭魅(まじもの)の如き憑くもの (講談社文庫)厭魅(まじもの)の如き憑くもの (講談社文庫)
(2009/03/13)
三津田 信三

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
神々櫛村。谺呀治家と神櫛家、二つの旧家が微妙な関係で並び立ち、神隠しを始めとする無数の怪異に彩られた場所である。戦争からそう遠くない昭和の年、ある怪奇幻想作家がこの地を訪れてまもなく、最初の怪死事件が起こる。本格ミステリーとホラーの魅力が圧倒的世界観で迫る「刀城言耶」シリーズ第1長編。



「横溝正史を彷彿させる……」と評されることの多い、三津田氏の『刀城言耶シリーズ』の第一弾。
続く『○○の如き□□もの』というタイトルは、本作から始まりました。
これまでずっとハードカバーのみだったシリーズが、ついに文庫化された記念すべき作品でもあります。

レトロな時代の閉鎖的空間を舞台に、伝奇をからめた見立て殺人。
ドロドロした複雑な血縁関係。
しかし理論的で科学的なトリックと、相反する人間の業ともいえる動機。
……こういった要素を好む人が、ミステリファンのうちのどれほどを占めているのかわかりませんが、少しでもアンテナが動いたなら、ぜひぜひ三津田信三を手にしてほしいと思います。


本作では、文庫で約600ページのうち、前半の多くが村の地理や、“憑き物筋”と血縁関係の説明に費やされているようでちょっとまどろっこしい印象ですが、後半からは疑わしき人物たちも見えてきて、がぜんスピードアップ。
まぁ、こういったペース配分の“不慣れな印象”はシリーズの最初の頃にはよくあることなので、突っ込まないでおきます。



……なんかもう、何を書いてもネタバレになりそうで怖いので、これ以上は書きませんけど、とにかく、ここから始まったシリーズはこれかも追い続けていきたいと思います。





★★★★☆





同じ本のレビューを書かれたお気に入りブロガーさん♪

本が好き。





素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 三津田 信三

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 2

コメント

実は

>こたつさん
私もこの作品には、とても時間がかかりました。
登場人物が多いし、憑き物筋だとか、カカシ様だとか、馴染みのない単語も多かったので、なかなかイメージできなかったです。
巻頭にある家系図と村の地図をひっきりなしに見ていたので、最初の方のページばかり痛んでます(笑)
でも後半、『犬神家の一族』を思い出させるような連続殺人が始まってからは、急にスピードが上がりますよ。

URL | ゆう #yBDt5Ksg
2009/06/01 02:51 | edit

実は

すごく面白そうなのに、序盤で止まっています。
紹介を見ていると、自分好みそうなミステリのようなので、がんばって読む事にしますね!

URL | こたつ #-
2009/05/31 06:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/348-6538ac4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三津田信三『厭魅の如き憑くもの』

三津田信三『厭魅の如き憑くもの』(原書房) 三津田信三による本格ミステリー、そして大傑作です。本書でデビューしたわけではありませ...

本が好き。 | 2009/06/19 04:46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。