■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『沖で待つ』絲山 秋子  

沖で待つ沖で待つ
(2006/02/23)
絲山 秋子

商品詳細を見る

内容(「MARC」データベースより)
仕事のことだったら、そいつのために何だってしてやる。そんな同期の太っちゃんが死んだ。約束を果たすべく、私は彼の部屋にしのびこむ-。仕事を通して結ばれた男女の信頼と友情を描く表題作のほか、「勤労感謝の日」を収録。



2本の短編を収録。
表題作『沖で待つ』は、住宅設備機器の大手メーカーに営業として就職した“私”と、同期入社で同じ地方営業所に配属された太っちゃんとの友情。
職場での不安も苦労も喜びも分かち合った男女が、恋愛パートナーとしてではなく、あくまでも親友として恋人や夫婦にもない深い絆を大切にし続けるのがいい。

『勤労感謝の日』では、三十代半ばで無職、職安に通う日々を失業保険でなんとか食いつないでいる女性が、近所の知り合いにすすめられて気乗りよりも後ろめたさから見合いをする。
けれど現われたのは、一流企業に勤めるものの容姿も性格もハズレの男だった。



著者はかつて住宅設備機器の大手メーカーで営業として三十代半ばまで勤め、鬱病になって退職してから小説を書くようになったのだそう。
だからどちらの作品も、著者の姿を少なからず映しているのでは、と思える心理描写のうまさでした。
特に『勤労感謝の日』では、見合いの席を抜け出して飲み歩くという“やさぐれ”ぶりが、すごくリアルで等身大。
現実的にこのぐらいの年齢までバリバリ働いてる女性は、一人で赤提灯でグデグデになるまで呑んだくれるなんてこと、平気でやるでしょ?
第一、自分の好き嫌いだけで生きていけないことはしっかり学んでしまってるだろうし。
なんだかせつないよなぁ。

『沖で待つ』は、読後感がとても爽やか。
親友は亡くなってしまって悲しいはずなのに。
脇役的な上司や現場の人たちもいい人ばかり。
男女の友情……それ自体は当たり前に存在する物だと思う。
むしろ、私個人としては、一生モノの女友達もいない男には人間的な魅力を感じないし惚れないだろう。

とても薄い本だけれど、心に残る一冊でした。
女であることに甘えず頑張って生きてる人におすすめしたい。

第134回芥川賞受賞作。




★★★★☆






素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: あ行のその他

thread: こんな本を読んだ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/380-73200812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。