■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『サン=テグジュペリ―大空をかけぬけた「星の王子さま」の作家』鈴木 一郎/黒沢 哲哉  

サン=テグジュペリ―大空をかけぬけた「星の王子さま」の作家 (小学館版 学習まんが人物館)サン=テグジュペリ―大空をかけぬけた「星の王子さま」の作家 (小学館版 学習まんが人物館)
(1997/11)
鈴木 一郎黒沢 哲哉

商品詳細を見る

内容(「MARC」データベースより)
みずみずしい子どもの感性をもつ王子さま。その対話を描いた「星の王子さま」の作者サン・テグジュペリ。飛行士として活躍し、航空事業の開拓者のひとりでもある彼の一生をマンガでたどる。



小学館の学習漫画シリーズが子供たちの日本語補習校にたくさんあるので、私もぼちぼち読んでいこうと思います。
これまで伝記モノって、ほとんど読まずにきてしまったので。

今回読んだこの作品は、サン・テグジュペリがシリーズに入っていることが意外な気がして手にしたもの。
もちろん、この作家さんの『星の王子様』は日本語と英語で何度も読んだ大好きな作品です。
しかし考えてみれば、他の作品はタイトルぐらいは聞いたことがあっても、読んだことはなかったのですよ。
たとえば『夜間飛行』や『人間の土地』などは、フランスではベストセラーだったそうです。

そして人物としては、郵便物を運ぶ定期便のパイロットだったこと、最後は大戦中に偵察飛行に出たまま行方不明になったことぐらいしか知りませんでした。
失礼なことではありますが、てっきりパイロットが本職なのかと思っていました。
(実際は、売れっ子作家になってからも空を飛ぶことをやめられず、普通だったら退役してもおかしくない40代になってからも志願して偵察機に乗っていたそう)
第二次世界大戦前には、アメリカに亡命してたなんて驚きです。

この本で彼の半生を知ってからウィキペディアで検索してみましたら、さらに驚きました。
彼が最期に乗っていた偵察機は2000年に海底で発見され、2008年には撃墜したパイロットの証言も公開されたそうです。
私が子供の頃に読んだ『星の王子様』の著者紹介では“行方不明”と書かれていたので、「どこかに不時着して別のペンネームで作品を書いているんじゃないか」とか、「砂漠のオアシスで現地の人たちに溶け込んで生きているんじゃないか」とか、ありえない想像をしたこともありました。
でも……60年以上もの間、海の底にいたんですでね。

思いがけなく、考えたり調べたりするきっかけをもらいました。
彼の長編小説も読んでみようと思います。
新しめの翻訳があるといいな。





★★★★☆ 







素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 児童書/ヤングアダルト

thread: 児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

>トサポンさん

『星の王子さま』はきっと誰でもタイトルを聞いたことぐらいはあるだろうに、この作家さんのことは知られていないんですよね。
海底に60年も眠っていたことも驚きだけど、撃墜したパイロットの証言が今になって出てくる、っていうのも驚きでした。

コミックの好み、合いますか(^^)
嬉しいです~♪

URL | ゆう #yBDt5Ksg
2011/02/15 02:38 | edit

知らなかった

海底に60年も!
全然作者の事知らなかったっす。
この本読んでみたいかも。
しかし、コミックの好みが合います。
「夏目」「BLEACH」「風光る」全部持ってて娘と読みまくり♪

URL | トサポン(twitterから) #-
2009/12/11 05:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/381-4eed3682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。