■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『風光る』(1~2巻)渡辺 多恵子  


風光る (1) (別コミフラワーコミックス)風光る (1) (別コミフラワーコミックス)
(1997/11)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る


風光る (2) (別コミフラワーコミックス)風光る (2) (別コミフラワーコミックス)
(1998/05)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る


出版社 / 著者からの内容紹介
時は幕末。文久3年(西暦1863年)の京都。富永セイは、兄と父を「幕府を倒し天皇政治を起こそうとする長州勤皇派」に殺されてしまう。仇を討とうと考えたセイは、長州勤皇派に対立して兄が入隊したかった、壬生浪士組の入隊試験を受けた。そのために、名前を神谷清三郎とかえ、性別も男と偽った。なんとか入隊を許され、副長助勤の沖田総司の下に付くことができた清三郎。ところが、まわりはケダモノのような浪士だらけ。頼りにしていた沖田総司も自分が考えていた人物とはちがっていて幻滅してしまう。沖田総司だけではなく壬生浪士組自体、あてにならないと思い、夜にこっそり抜けだそうとした清三郎はそこで…!?




新選組を題材にした作品は、小説、コミック、映画、ゲームといろいろあるけど、こちらはちょっと異色かも。
親の敵をとるために、男装の女の子が新選組の隊士となるというもの。
数ある新選組モノの中でも人気が高いと聞いて、あちこち探しまわってやっと見つけたこの2冊でした。
(海外在住なので大変なのです…)

うーん……
私も三谷幸喜の『新選組!』から入り、子母澤寛や司馬遼太郎を読まずして映画『壬生義士伝』、『御法度』、さらには乙女ゲームにハマった、かなり横道にそれた新選組好きなんですが……
この作品にはいまひとつ入り込めなかったなぁ。
もしかすると、この先が面白くなるのかもしれないけど。

あくまでも男装の主人公目線で物語が進んでいくからなのか、著者の沖田好きがひしひし伝わるからなのか。

きっと、世の新選組好きにはいろんなタイプがいるんだろうと思う。
そして特定の贔屓の隊士がいる女性ファンの中には、「女だけど私も新選組に紛れ込みたい!」って願望のある人もいるんだろうなぁ。
……と思った作品でした。
(私は、何を信じたかによって生き延びたor生き延びられなかった幕末の若者たちの話に惹かれるのです)

現在は29巻まで刊行されているそうで、人気続行中ですね。
もしも3巻以降を目の前に積まれたら読んでみたいけど……
アメリカの日系書店で1冊10ドル出して取り寄せしてもらうのはためらっちゃうな。


★★★☆☆+



↓新選組モノのコミックなら、これが好き(笑)


秘密の新選組 1巻秘密の新選組 1巻
(2005/07/21)
三宅 乱丈

商品詳細を見る





素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: コミック

thread: マンガ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/399-01406e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。