■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『キケン』有川 浩  


キケンキケン
(2010/01/21)
有川 浩

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。




正直なところ、冒頭の数ページでは戸惑いました。
まるでコミックのネームを読んでるかのような文章のはしょり具合。
うっかりすると誰が話してるのかわからなくなる会話中心の文章。

肝心の中身の方も、理工系大学のサークルでの「こんなバカやってさ」とか「こんなすげぇOBがいてさ」的なエピソードの連続。
「日本の大学に行ってないから私にはよくわからないよ」とちょっと拒絶反応しめしつつ、それでも何度も寝オチしながらも読み進めるうち、いつの間にか没頭してました。


女子がほとんどいない工大の機械制御研究部というサークルでの、新入生勧誘から学祭、追いコン(←この響きすらなつかしいw)と1年間のエピソード。
爆弾作りが趣味の部長・上野を軸に、新入部員たちの奮闘が各章で語られていくわけなんだけど、各章末にサークルでの思い出語りをする男と、それを楽し気に聞く女の会話があって、「ええっ、このカップルの男は誰なの!?」というワクワクが、最後の最後に明かさる。
最後の数ページで、大人目線でホロリとさせられたので星ひとつプラスしました。

理系だった方々はきっと楽しめるはず。
大学生って特別な期間だよね。
まるで人生の夏休み。
伊坂幸太郎の『砂漠』を連想しました。


★★★★☆


>>続きは、読みながら思い出してたこと




素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ
バブル世代にもかかわらず、同世代の友達が大学生活を楽しんでいるのを横目に、バリバリ働いてた私。
この『キケン』といい、伊坂幸太郎『砂漠』といい、一生の宝物になる“人生の夏休み”の思い出も、それを共有できる友達もいないわけで、学問うんぬんだけでなく、同世代の人たちと一緒に大学に進学した人たちがたまらなくうらやましいのです。


でもこの作品を読みながら、夫が大学時代に所属してたサークルのことを思い出して、かなり楽しませてもらいました。
夫が通ってた大学は総合大でしたが、サークルは女子率0.5%ぐらいの工業系。
クルマやオートバイをバラしてんだか組み立ててんだかわからないけど、なんかそんなようなことを年がら年中やってました。
部室は“室”ではなくてガレージ。
自由に使える工具やジャッキやコンプレッサまであって、それこそサークル員は、授業には出なくても部室には顔を出すような連中ばかりで。

サークルでマシンを作って参戦するレースも、学祭の出店も、社会人だった私も“部員の彼女”ってだけで、楽しさをちょっとだけかじらせてもらいました。
そんな“ちょっとだけ顔出した”私ですら、夫の卒業後には毎年学祭最終日にキャンパスを訪れることを楽しみにしてたので、当事者たちはいかほどかと思うんです。


……結婚して、子供ができて、住宅ローンに追われて……
おまけに海外転勤→永住組?
今では子供の大学受験が目下の悩みで、自分たちの“ヤンチャ時代”を思い出すことはほとんどなかったけど、この『キケン』を読んだら、なんだか無性に母校(私のではないけど)に行ってみたくなりました。



そんな宝物みたいな思い出があるのに、なかなか思い出す余裕がなくなってしまったアラフォー、アラフィフ世代にもぜひぜひおすすめしたい作品です(^^)




素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 有川 浩

thread: 読んだ本。 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/410-9f702443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「キケン」有川浩

既にサークルの域は出た。活動内容もそうだが、集う人間の危険度が、だ。 ヤバイ奴らが巻き起こす熱血青春ドタバタ劇。理系男子って皆こんなに危ないの?。 成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。 ...

粋な提案 | 2011/07/20 02:35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。