■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013年10月のまとめ  

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1546ページ
ナイス数:1567ナイス

ダンサーダンサー感想
★★★★★  大学の遺伝子工学の研究室で、研究者と助手の惨殺死体が発見される。犯人は、実験で生み出されたトランスジェニック動物とされ、処分されたが……。トレーラーハウスで生活するルポライター・有賀雄二郎を主人公にしたUMAモノを読むのはこれで3作目(今回はUMAではないかも)。かなり好きなSFシリーズだ。酒や車や主に男性が使う小物の名称が随所に出てくる文章も(ハードボイルドっていうのかな?)、ちょっと色っぽいシーンがあるのも、男臭くて大好き。特に同世代のダメ男・有賀がステキ。もっと読みたいシリーズ。
読了日:10月29日 著者:柴田哲孝
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)感想
★★★★☆  7カ国語を操るライター・斉木を主人公にした5作から成る短編集。それぞれ異国の地を舞台に、異なる文化と価値観を背景にしている。全体的にロマンチックというか柔らかい文体と描写で、エキゾチックな雰囲気が味わえて好感。ミステリとしては、新人賞を受賞した冒頭の『砂漠を走る船の道』が秀逸。「なるほど、こういう状況のクローズドサークルもアリだな」と感心しながら読んでいたら、ガツンとやられた。ロシアの修道院を舞台にした『凍れるルーシー』では『薔薇の名前』を思い出した。今後に期待大な新人作家。
読了日:10月24日 著者:梓崎優
Gandhi: Level 2 (Penguin Readers (Graded Readers))Gandhi: Level 2 (Penguin Readers (Graded Readers))感想
★★★☆☆  恥ずかしながらガンジーについては、「上半身裸の老人」「何度もノーベル賞候補になりながら、何故か受賞に至らなかった人」という不謹慎な知識しかありませんでした。 なので、今回このようなサマリー的な文献でも、読んでよかったです。 作品としての面白さはイマイチだったので、また何か別のものでガンジーについて読んでみたいと思います。
読了日:10月11日 著者:JaneRollason
地の底のヤマ地の底のヤマ感想
★★★★★+ 2段組み863ページ。読了に3週間近くかかったが、その間ずっと心持っていかれっぱなしだった。グイグイ読ませるタイプではないものの、作品世界に浸れて幸せだった。三井三池炭坑を中心とする大牟田を舞台に、ある男の警察官人生と炭坑町の変遷を描いている。昭和49年から閉山した現在(平成10年頃と推測)まで4つの時代の4部構成で、元警察官の父を持ち「若手ホープ」と期待された主人公が定年までに直面する4つの事件。彼を取り巻く市井の人々の描写やエピソードが細かく描かれ、とてもリアル。読み終わるのが惜しかった
読了日:10月10日 著者:西村健

読書メーター
スポンサーサイト

category: 本にまつわる雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/433-f4ca4957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。