■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

The Eagle of the Ninth [Oxford Bookworms Library]  

The Eagle of the Ninth (Oxford Bookworms Library)The Eagle of the Ninth (Oxford Bookworms Library)
(2000/04/27)
Rosemary SutcliffJohn Escott

商品詳細を見る


Rosemary Sutcliff
[Oxford Bookworms Library]

【あらすじ】紀元前2世紀、カレドニアに向けて進行していたローマの第9部隊が忽然と姿を消した。それから10年後、第9部隊を率いた父と、失われた栄誉のシンボル・イーグルを求めて、マーカスは奴隷エスカとともに危険な旅に出る。

◇グレーデッド/SSSレベル3.8/15,000語/アドベンチャー

フランス革命もろくに知らない私が、紀元前のローマ帝国のことなど知るはずもありません(笑)
当時のブリテン(現イギリスを含む)が、ローマの征圧下にあったとは初めて知りました。
ローマ軍の敵はブリテンの先住民族なんですけど、その人たちって現在の誰?
やがてアメリカ大陸に渡り、アメリカの先住民族から土地を奪ったのは、元ローマ人? それともブリテンの先住民族だった人たち?
まさか英語の勉強をしながら、世界史について考えるなんて予想していませんでしたよ。

ストーリーは、本を置くスキを与えてくれませんでした。
前書きで「紀元前2世紀……」と読んだ時には、私には難しいかもと思ったんですが、いつの時代も争いの中にも人間ドラマがあるもので。
重傷を負って軍をクビになるマーカスのくやしさや焦り、尊敬する父への思い、奴隷エスカとの友情などなど、短いながらも読みごたえのある一冊です。

my評価★★★★★
my total=679,158語/71冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

スポンサーサイト

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書多読 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/57-5f3a2bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。