■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

On the Beach [Penguin Readers: Level 4]  

On the Beach (Penguin Readers: Level 4)On the Beach (Penguin Readers: Level 4)
(1999/12/21)
Nevil Shute

商品詳細を見る


Nevil Shute
[Penguin Readers: Level 4]

【あらすじ】1964年、いくつもの都市に落とされた原爆によって、北半球は壊滅状態になっていた。オーストラリア大陸にわずかに生き残った人々も、北から南へとゆっくり広がる死の灰に怯え、やがて人類は静かに終焉を迎える。

◇グレーデッド/SSSレベル4.0/32,000語/SF

1957年に出版された、もはや古典とも言えるSFの名作『渚にて』のリトールド版です。
ロシアと中国が上海をめぐって始めた戦争に、他国の原爆が誤爆によって次々と落とされたという、当時の世界情勢をベースにした設定になっています。
しかし、イラク戦争がいろんな国の人々を巻き込み、また先進国でない国々も核を保持しようとする現在、背筋が凍る思いで読みました。

最期の時を迎える人々が、驚くほど静かに“自分が一番大切なもの”の中に身を置き、欲望を捨てて過ごす様子が、悲しいすぎるほどの淡々とした文章で綴られています。
もしも今の私たちが、「明日世界がなくなってしまうよ」と宣告されたら、やはり同じように、愛する人と一緒にいられさえすればいいと思うのでしょうね。

終始悲しみが押し寄せ、これまで英語で読んだ中で一番泣いた本です。
ちなみに私が一番泣いた場面は、アメリカ西海岸から発せられるモールス信号に、生存者がいることを信じて調査に向かった米軍の潜水艦から兵士が脱走し、残留放射能による死を覚悟しながら無装備で上陸してしまうところです。
その海辺の街は、彼の故郷でした。

いつか必ず原書で読んでみたいです。

my評価★★★★★
my total=728,182語/73冊目 多読70万語通過


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

スポンサーサイト

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書多読 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/59-d9d0a34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。